子育ちなんでも相談会 12月

f:id:NPO-tabidati:20201223185643j:plain

12月の相談会もCafe Zen 205〜give=take〜さんにお世話になりました。

今年の冬は寒い!からなのか、
「ステイホーム」が呼びかけられているからか、
一条通りの人通りも少なく感じました。

CPAOさんがキッチンカ―で温かいスープと
ジャムトーストを用意してくれました。

かわいいキッチンカ―が目を引いたようで、
通りすがりの方々が興味津々な様子で覗き込んでいかれました。

生野区社会福祉協議会からはお米をいただきましたので、
来場された方に持ち帰っていただくことができました。

ありがとうございました。

 

f:id:NPO-tabidati:20201204191924p:plain

生野子育ち社会化研究会FACEBOOKは

QRコードからアクセスできます

 

 

 

大阪市オールラウンド交渉

大阪市との話し合いで、コロナ対応のこと、介護時間数のことなど、

不安に思っていることをぶつけてきました。

オンラインツールを駆使して中継もおこなわれました。

たくさんの方がオンラインで参加されたようです。

医療とおなじく介護も止めることができないサービスです。

持続可能なかたちを考えていかねばなりません。

 

 

子育ちなんでも相談会

f:id:NPO-tabidati:20201204184435j:plain

 

f:id:NPO-tabidati:20201204184646j:plain

 

11月の相談会は、Cafe Zen 205〜give=take〜さんをお借りして実施しました。

お天気も良く、近くの廃校になった中学校で「みんなの文化祭」というイベントが催されており、そこに向かう人の通り道にもあたり、たくさんの人の目に留まったようでした。子ども連れのファミリーや地域の方々が足を止めて立ち寄ってくれました。

子ども食堂ができない状況が続いていますが、さまざまかたちで”子育ち”の応援を続けていきたいと思います。

12月19日(土)もCafe Zen 205〜give=take〜さんでそうだんかいを実施します。

大きなサンタさんが目印です。

 

〈イベント情報〉

子育ちなんでも相談会

主催:生野子育ち社会化研究会

会場:生野区勝山北5丁目17-25

日時:12/19土 11時から15時

 

f:id:NPO-tabidati:20201204191924p:plain

生野子育ち社会化研究会FACEBOOKは

QRコードからアクセスできます
 

 

ラストジャンプ!

みんなで下ごしらえをしています

 

今日は最後のみらくるジャンプ!!

前回2019年12月に活動後、

コロナウイルス感染拡大のため延期していた活動をすることができました。

 

久しぶりにみんなで集まって、料理を作って、一緒に食べる。

やっぱり楽しいな~。

 

今回でみらくるジャンプの活動はおしまいですが、

まだまだ楽しいことはたくさんあります!

また一緒に楽しいことをやりましょう!

次の活動に向かってジャンプ!!

 

クリームシチューをつくります 

シチューを作ります!

やさいいためはまかせてくれ

野菜炒めはまかせて!

おいしくできた

クリームシチューと野菜炒め、完成!!おいしくできた!

 

子育ちなんでも相談会

f:id:NPO-tabidati:20200824160611j:plain

f:id:NPO-tabidati:20200824160627j:plain

 

f:id:NPO-tabidati:20200824160638j:plain

生野子育ち社会化研究会で、子育ちなんでも相談会をしました。

今回は、「相談会」「フードパントリー」「遊び場」を組み合わせた企画です。

お母さんが必要な物品を選んでいる間、子どもらは水遊びをして待っていました。

必要な物をゆっくり選べるのはよかったと思います。

参加してくださった方のなかには、家に帰ってからスタッフに、

「暑い中ごくろうさまです」と、

飲料を差し入れしていただいた方もあったりして、

お気遣いに心がほっこりしました。

このような場を定期的に持てれば、

しんどくなる前にゆるやかにつながっていくことができるかも知れないですね。

生野子育ち社会化研究会

f:id:NPO-tabidati:20200820115113j:plain

f:id:NPO-tabidati:20200820115228j:plain

畠山由佳子先生をお迎えして

子ども虐待と在宅支援について学びました。

アメリカの在宅支援の在り方やフランスでの子ども支援の話など、

大変興味深い内容でした。

「家族のことを決めるのになぜか支援会議の中に当事者が入れられていない」

という話は、障害者支援における当事者不在の問題に通じるものがあると思いました。

当事者を中心にした伴走型の支援と、支援連携の在り方について、

今後も様々な立場の方々と意見交換しながら考えていきたいです。

Cafe Zen 205 ~give=take~ さんに会場のご協力をいただきました。

ありがとうございました。