読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱくぱくクッキング

f:id:NPO-tabidati:20170220104146j:plain

f:id:NPO-tabidati:20170220104107j:plain

 

f:id:NPO-tabidati:20170220104131j:plain

節分は過ぎましたが、

「ぱくぱくクッキング」に参加しているメンバーで巻きずし作りをしました。

思い思いに卵を焼いたり、キュウリを切ったりしました。

好きなものリクエストで、こんなに豪華になりました!

いっぱい巻いて楽しかったね。おなかもいっぱいになったね。

デザートでチョコも食べたね。

 

 

『生野に、鬼?!』

 

f:id:NPO-tabidati:20170208170324j:plain

 

作業所の2階から外を眺めると鬼が!数匹!
いったいどれくらい豆を投げられたのでしょう。。
みなさんの街にも鬼は現れましたか?
今年も"福"が訪れますように。

 

f:id:NPO-tabidati:20170208170615j:plain

節分の日のグループホームの夜ご飯は恵方巻です。

思い思いに具をのせていきます。

こんなユニークなものもありましたよ。  

f:id:NPO-tabidati:20170208171559j:plain

岡山旅行へ行ってきました!

1月26~27日に1泊2日の日程で
岡山旅行に行ってきました。
メンバー3名・スタッフ2名での旅行です。

1日目は岡山駅までは5人で行き
そこから2グループに分かれました。
ひとつは岡山散策グループで
もうひとつは観劇グループ。

散策グループは岡山城や竹久夢二美術館に行きました。
観劇グループは宿泊予定のホテルに先に行き
ホテルにて大衆演劇を鑑賞しました。

夕食は大きな船盛が出てきてみんな大興奮!

2日目もふたつのグループに分かれました。
倉敷の美観地区散策チームと
児島でオリジナルジーンズ作りチーム。

美観地区チームは大原美術館を鑑賞して
むらすずめという和菓子作り体験などしました。

オリジナルジーンズ作りチームは
自分で好きな生地やボタン・リベットなどを選んで
自分だけのジーンズを作りました。

それぞれにいろんな体験を楽しむ旅でした。

f:id:NPO-tabidati:20170202233353j:plain

f:id:NPO-tabidati:20170202233416j:plain

f:id:NPO-tabidati:20170202233423j:plain

f:id:NPO-tabidati:20170202233426j:plain

松野農園の冬野菜ができました

f:id:NPO-tabidati:20170125111701j:plain       f:id:NPO-tabidati:20170125111718j:plain

 

松野農園で育てていた冬野菜たちの収穫時期が来ました。

白菜、キャベツ、ブロッコリー、大根は立派に育ちました。

人参はかわいらしいサイズでした。

 

収穫した野菜をつかってランチ会をしました。

 

ほうれん草は芽が出ず、全滅してしまいました。

肥料が足りなかったのかな?

同じところに小松菜を植えてみると、きれいに芽が出ています。

ほうれん草ってたくさん肥料が要るんですね。

 

松野農園は生野東にあります。

お近くにお越しの際はぜひおたちよりください。

 

松野農園 生野区生野東3-13-3

フラワーアレンジメント教室

 

f:id:NPO-tabidati:20170124113640j:plain

 

松野農園で開催されるフラワーアレンジメント教室。前回の初夏の開催に続き、2回目は冬の花木を使ってクリスマス、お正月アレンジ。今回も好評で定員いっぱいの参加があった。

講師は地域の花店店主。プロの指導の下、それぞれが個性あふれるアレンジを仕上げていく。仕上がった作品を眺め、皆満足げな笑顔。花は人の心を穏やかにしてくれる。

桃谷高校で講演しました

113日と17日、桃谷高校で講演をしました。

13日はYAさんとOTさん。

17日はYHaさんとYHiさんが行きました。

 

13日、YAさんはスライドを見ながら活動の説明や、「いとしのエリー」を歌いました。OTさんは得意のコーヒーをふるまいました。午後の授業の眠気はとれたでしょうか(笑)

 

17日は朝一の授業でしたが、生徒さんたちは真剣に時に笑顔で話を聞いてくれていました。YHaさんは、ポニー(乗馬)や陶芸など、趣味の話をしました。YHiさんは、毎年京都の太秦映画村で扮装することや、サンタクロースになってみんなにプレゼントを配こと、マラソン大会に出場している話をしました。

 

これからもいろんなところで私たちのことを話が出来たらいいなぁと思います。

 

講演のご依頼はどんどんまで!!

 

書初め!?

   

グループホームのスタッフ会議の前に書初めをしました。

スタッフが何を書くか悩んでいるところに、あるメンバーが通りかかったので

一緒に書初めをすることになりました。

 

あれ???女へん?え?何やろ?

 

f:id:NPO-tabidati:20170116193212j:plain

 

「何を書いたの?」と聞くと、大好きなおやつの「柿ピー」とのこと。

 

あれまぁ。「柿」は木へんだよ~。でも「姉ピー」って面白い!

 

それを見たスタッフは、関西人根性で

なんとかそれより面白いことを書こうと考えていましたが

天然には勝てそうにないと悟り、「そんなん超えられへんわ~」と

福笑いしましたとさ。

 

f:id:NPO-tabidati:20170124120227j:plain   f:id:NPO-tabidati:20170124120207j:plain

 

こちらは作業所の書初めの風景です。

着物を着て気合入ってます!

書いたのは・・・いくつになってもほしいあれ。

 

 

 

 

 

 

「お年玉」!!!

 

 

 

みらくるクラブで「もちつき」しました!

 12月18日に松野農園でみらくるクラブの「もちつき」をしました。参加申し込みが多かったことと、畑は作物をたくさん植えて場所が限られているということで、二部構成にしました。前半は子ども7名、後半11名。前後半の保護者、スタッフ、ボランティアを入れると総勢55名でした。
 白いお餅、エビ餅を、子どもはもちろん、保護者の方もとても力強くお餅をついて頂きました。いちご、きな粉、あんこなど、好きなトッピングでつきたてのお餅をみんなでおいしく頂きました。
 後半組の最後は、お餅を丸めて、「みらくる」という文字を作ってみんなで写真を撮りました。きれいに丸を作って見事に字が浮かび上がってきました。そのお餅は子どもたちとご近所に配り、もちつきは無事に終了しました。
 今回もたくさんのご参加ありがとうございました。また、ボランティア、保護者の方にもたくさんお手伝いいただき、ありがとうございます。
2017年もどうぞ、よろしくお願いします。

f:id:NPO-tabidati:20170111141912j:plain

f:id:NPO-tabidati:20170111141924j:plain

本年もよろしくおねがいいたします

f:id:NPO-tabidati:20170104110412j:plain f:id:NPO-tabidati:20170104110430j:plain

 

あけましておめでとうございます。写真は手作りの門松です。スタッフが年末にあちこち走り回って材料を集めてつくりました。太い竹を斜めにカットするのが難しかったですが、節をねらって斜めに切り、かわいい「笑顔」の竹ができました。2017年が笑顔あふれる1年になりますように!

作業所もちつき

12月28日水曜日に「ととりの木」で作業所恒例の餅つきをおこないました。

昨年までは「松野農園」でおこなっていましたが、今年は巽西に移ってきてこともあり、お披露目もかねて「ととりの木」でおこないました。

 

 駐車場に臼を設置し、11時頃から開始しました。2グループに分かれておこなう予定でしたが、「ヨイショ~!」という威勢の良い掛け声に午後から開始グループのメンバーも居ても立っても居られなかったようで、午前のグループに急遽参加していました。入れ替わり立ち代わり、思い思いに餅をついた後に丸める作業をおこないました。丸める作業中に「あじみィ~。」と言って何個も試食するメンバーもいたりしましたが、手に餅が引っ付くのに悪戦苦闘しながらも頑張っていました。

 

 始める前にお隣の「いけいけこいこい」さん(生活介護事業所)に声をかけていたので、賑やかな声が聞こえてきたからだと思いますが、メンバー・スタッフが次々と出てきて一緒に餅つきをおこないました。今後もいろいろなイベントを一緒におこない、交流していければと思います。

 

 つきたての餅、豚汁、おにぎりを食べながら餅つきには欠かせない「ゆめくらぶ」のKさんに来ていただいて、生ギター演奏で7曲披露してもらいました。どの曲もメンバーが知っていて楽しめる選曲をしていただきました。演奏しているKさんにかぶりつき状態で楽しんでいるメンバーもいました。感極まって?泣いているメンバーもいたり、とにかく賑やかな餅つきになりました。

 

 ご近所にもお餅を配りに行き、喜んでいただきました。旧「どんぐり作業所」のお向かいの方からは「お返しに」と、チョコレートをいただきました。こんなやり取りも地域で活動しているからこそと感じさせてくれるエピソードです。次回以降、近隣の方々も一緒に餅つきに参加していただけるよう活動していければと思います。