読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みらくるクラブ

 11月のみらくるクラブはダンスのプログラムを行いました。講師には「クリアルテ」の宍戸信子さんと中西恵子さんをお招きしました。ダンスと聞くと、じょうずに踊らなくちゃとか、みんなと同じように出来るかな、とか思いませんか?でも宍戸さんの考えるダンスは、音楽にあわせて自由に身体を動かします。人とちがっていても自分の感じるまま好きなようにすればいい、「ごはんを食べる動作だって、ダンスになるのよ。」と。
 ゆっくりと身体を伸ばし、深呼吸をしてから「まずは会場にあいさつしよう」と、子どもも大人も会場を走り回って壁やカーテン、ピアノなどにトントンと手、そして足で触りながら挨拶をして回ります。次は集まった仲間にあいさつ。背中、お尻、ほっぺなどを重ねて「こんにちは!」。
 
 それから大人と子どもがペアになりお互いのマネをしながら踊ります。それから色とりどりのスカーフを使ったりしながらダンスをしました。最初は恥ずかしそうだった子どもたちも、徐々に身体を動かすことが楽しく、気持ちよくなってきたようで最後には笑顔で帰っていきました。小1のわが息子は帰ってすぐに4ぺーじにわたり “あのね帳”に今日のことを書いていました。スタッフMの子どもさんからも「楽しかった!次はいつ?」とうれしい感想をもらいました。ほかのみんなも楽しいプログラムだったんじゃないかな?と思っています。今回は2家族の方が体調を崩されて不参加となり残念でした。次はクリスマス会!元気なみんなに会えるのを楽しみにしています!

 参加者 子ども:13名 親:4名 スタッフ:8名 ボランティア:5人