読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二上山ハイキング

 12月10日(土)、みらくるクラブで二上山ハイキングに行きました。
 天気はさわやかな秋晴れ。午前9時、近鉄阿部野橋駅に、子ども8人、大人9人、社会人や学生のボランティアの方6人が集まりました。電車で二上神社口駅まで行き、二上神社で、全員の無事をお祈りしてから、さあ、出発です。
 二上山登山道は、階段の連続で、子どもたちにはなかなか大変な道のりでした。みんなのペースはそれぞれです。「疲れた~、もう歩かれへん~」と訴えて休んでいたAくんとBちゃん。足元にたくさん積みなった落ち葉を発見。それを拾い集めて、雪合戦ならぬ、落ち葉合戦で盛り上がっています。あらあら?疲れはどこかへ吹っ飛んでしまったようです。『豚汁豚汁~』と、お昼に食べる予定の豚汁をひたすら目当てに、お父さんやボランティアのお兄さんの手を握り締めて、歩き続けたCくん。みんな自分なりのペースで、2時間ほどかけて、雌岳の山頂にようやく着きました!
 ここで急に、冷たい雨。本当に寒かったけれど、そんな中で食べた豚汁は、言葉にならないくらいの美味しさ!そこで偶然居合わせた方々にも、豚汁を振る舞います。『おおきに』『美味しかったわあ』と言われ、照れくさそうなDくん。なんだかとっても生き生きしています。
 幸い、雨はすぐにあがりました。さあ、下りの道です。細くて高くて滑りやすい階段の連続で、子どもたちの足にはきっときつかったことでしょう。山はしんどいから嫌だと言っていたEくん。目が見えないので、厳しい下り階段は、担当のFさんにおんぶしてもらいました。景色はわからないけれど、Fさんの背中の揺れや声から道の様子を感じ取ったり、水や風の音をたっぷり味わったり、会話も弾みながら、嬉しそうな顔で下りていました。
 ふもとには、大きな池があって、カモの群れが気持ちよさそうに遊んでいました。エサの麩をもらって、お目当てのカモにポ~ンと投げます。大人も子どもも、カモのしぐさや行動に笑ったり驚いたり。そこからはみんなで一緒に、散策しながら賑やかに歩き、当麻寺駅に到着したのは午後4時。みんな本当にお疲れ様でした!
 みらくるクラブでの本格的な山登りは、今回がはじめて。山を登ったことのない子ども、嫌だなあ~と思っていた子どももいたことでしょう。山の道はやっぱりしんどかったけれど、でも、こんなに楽しめるなんて思っていなかったよね。『山登りはしんどかったけどな、またあったら行きたいわ。』そんな子どもの言葉を聞いて、思わず胸が熱くなってしまいました。子どもたちの大発見の一日を、一緒に楽しみ、支えてくださったボランティアの皆さん、本当にありがとうございました!
 みらくるクラブでは、来年も楽しい企画をいっぱい用意しています。みらくるクラブの活動に興味のあるお友だちと、そんな子どもたちと一緒に楽しんでくださるボランティアさんを募集しています!