読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みらくるクラブで大阪府立青少年海洋センターに行ってきました!

 以前からみらくるクラブのボランティアをしていて、地方の大学に進学したのですが、夏休みにボランティアのお誘いがあったので、8月18日にみらくるクラブで大阪府立青少年海洋センターに行ってきました!
 やっぱり夏は海ですね~!!前半はカンカン照りの中、海で泳ぎました。子どもたちは浮き輪を使ってのんびり泳いだり、浮島を目指して必死に泳いだり、たくさんいる魚を追いかけたりと、みんな思い思いに海水浴を楽しんでいました。暑かったのでとっても気持ちよかったですね~。途中、何人かはクラゲに刺されたのか、「かゆいかゆい~」といって海から上がってしまうこともしばしば・・・。でも薬を塗って落ち着くと、また「海入りたいー!」と言って、一目散に海めがけて駆けて行くのでした。そして、海といったらスイカ割り!子どもたちはバットを握り締め、スイカめがけてえいっ!と力いっぱい叩いてくれました。大きなスイカでしたが、みんなで食べるとあっという間ですね。とってもおいしかったです。

その後、レスキュー講習を受けられるということで、メンバーさんも参加しました。講習を受けたあと、レスキュー帽をもらった子どもたちは「かっこいいー!」とみんな満足そうに帽子をかぶっていました。
 一通り泳ぎ終わってからはランチタイム。お昼からはOPヨットに乗りました!でもお昼を食べ終わった頃から遠くの空がなにやら怪しい雲行きに・・・。少し雨がぱらっときたなと思ったら雷まで鳴り始めてしまいました。さっきまではしゃいでいた子どもたちの表情がさっと一変。「こわいよー」という子どもたちを「花火だよーこわくないよー」となだめて、なんとかOPヨット乗り場まで行きました。説明を受けたあと、自分たちでOPヨットを組み立てました。天気の状態が不安定で、ヨットに乗れるか心配されましたが、次第に雨は止んで、雷も聞こえなくなりました。海洋センターのスタッフさんからOKが出たので、ライフジャケットを着て、OPヨットでいざ海へ!前方に子ども、後方に大人が乗り、前方の人はオールで漕ぐ役割が、後方の人は舵を取る役割があてられました。説明を聞いている時は「なんだか難しそう・・・」と思っていましたが、乗ってみると意外と簡単。みんな上手にヨットを操縦して旗の周りを何周もしていました。いい具合に風があったので、帆が風に押されて、ヨットがビュンビュン進む時もありました。気持ちよかったですね~。
 途中、天気が心配されましたが、なんとかもって良かったです。いーっぱい遊んで大満足!という証に、みんなしっかり、こんがり日に焼けていました。今回の参加者は子ども9人、大人10人、ボランティア7人でした。また来年も行きたいですね~!