読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西穂登山に行ってきました!

9月13日~15日 西穂登山に行ってきました!!

体調良好!天気良好!見送りのみんなに手を振ってウキウキ出発です。
バスに揺られて7時間。やっと一泊目の宿に着いたと思ったら、道路を違法駐車の車両が占拠していて宿に向かう道に入れない。聞くと駐車場が空いているのに少しのお金をケチって路上駐車しているのだそうです。大人のモラルが問われますね・・・

さて、一泊目の深山荘は川を見下ろす混浴露天風呂があり、みんなでのーんびり。いえいえ、どこに行ってもにぎやかな私たち。「ここから、お湯がでてるー!」「川で泳いでも良い?」と楽しいひと時でした。

翌2日目はいよいよ登山のスタートです。西穂高方面へ行くチームとわさび平へ行くチームに分かれました。

西穂山荘への道は大きな岩あり木の根ありの険しさです。Hちゃん「今、どれくらい歩いた?2/3くらい?じゃ、3/5は?まだ着かへんの?」みんな算数の勉強になりました。全盲のO.Yくん思ったよりずっと早く、そして元気に山荘に到着。「山荘で美女が待っている」の励ましの言葉に力がわいたそうです。もちろん、美女スタッフ、美女ボランティアが待っていましたよ!

就寝前、3日目の山行を確認したところ、これ以上登らず山荘から下る予定だったU.Kくん、「登ります」という事で丸山へ!T.Tくんも「行く!」と言うので独標へ!大人も気合が入ります。Oさんのお母さんも「行けるかな?行ってみようかな?」と独標へ向かう事を決めた夜でした。翌朝の起床は4時50分!見事な朝焼けを見て、いざ最後のチャレンジに出発!背丈ほどもある大きな岩を超え、それぞれ自分の目標を目指して歩きます。みんなの根性とチャレンジ精神に脱帽です。みんなとっても格好よかった。




わさび平チームは展望台で西穂山荘に行くチームを出発まで見送り、散策道でスタンプラリーをした後、わさび平小屋にむけて出発!5歳の2人も風穴で冷たい風を受けたり、虫を見つけたりしながら、何とかかんとか元気をだして到着。なんと小屋に着いたのは予定から2時間半遅れの15時30分。小屋に着くと冷えたオレンジやキュウリがお出迎え。のんびり栄養補給をしていたら、5時の夕食まであと30分!それでも予定したことは全部するぞ!の気合でテントをたて、おやつを作ります。おやつはパンケーキ。山のテントで食べるパンケーキは「おーいしー!!」そうです。

3日目は鏡平へむかって歩きました。実はこの道は下見ができていなかったのですが、山登りをもっと体験してもらいたいという思いから1時間で行けるところまで頑張ってみよう!と出発です。山道に入ったとたん岩、岩、岩・・・。O.Kくんの車いすは途中でおいて歩きます。途中、足が痛くなりましたが「俺の足、がんばれ!!」と自分の足を叩いてくじけません。T.A君のバギーはわっせわっせと担がれ、岩山を登っていきます。バギーの動きが止まると「早く行けー」とばかりに、T.Aくんの激しいアピールが始まります。「ちょっと休憩させて~」とお願いする大人たちでした。すれ違う人たちに「登るんですか!?」とビックリ、そして励まされながら本当にみんなよく登りました。

本当に3日間よくチャレンジしました。しんどいこともたくさんあったけれど、みんなの自慢げな顔をみたら、また行きたい!と感じました。みんなありがとう!

そして、活動の趣旨に賛同し参加していただいた、たくさんのボランティアさん。本当にありがとうございました。また一緒に活動してくださることを願っています。

参加者 子ども:12人 親:4人 スタッフ:9人 ボランティア:8人