読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M農園 ”親子交流草木染め教室”

11/29 じゃがいも子どもの家 親子交流草木染め教室 (於:M農園)
 出発のなかまの会・Fさんを講師に招いて草木染め教室をおこないました。事前に“じゃがいも(子どもの家)”で用意を任された落ち葉をお出かけに行く際に集めてみましたが、あまり集まりません。草木染めの日が迫るなか、急いで近所の公園で子どもたちと手分けして桜の枯葉を集めました。落ち葉を集めていると、おばちゃんに「ありがとう!」と声をかけられたり、落ち葉の掃除をしているおじさんと仲良くなったり。土曜日にM農園で使うことは知っているけど、「草木染め???」という表情の子どもたち。
 当日、子どもたちは12時過ぎに農園に到着、早速手洗いをして「いただきま~す!」。今日のメニューは、農園の雰囲気にぴったりのうどん、おにぎり、天ぷらと和食三昧。昼食を食べ終わると、休憩する間もなく遊び始める子どもたち。(この日は小雨でしたが、農園の近くには大きな公園もあり、子どもたちも退屈せずに過ごせました。)13時からの予定でしたが、時間が押して14時半に草木染めスタート。Fさんの説明に、しーんと静まり返り、聞き入る(?)子どもたち。はじめの工程は、『ゴムで手ぬぐいを縛る』。強く縛らないとダメなので少し大人がサポートしましたが、自分なりに作る子どもたち、この時点ではどんな仕上がりになるのかまったく想像できず。次の工程は『桜の枯葉を煮込んだ液に布を漬ける』。その間しばらく漬けておくので、二手に分かれてのおやつ作りをはじめました。じゃがいものいももちとフライパンで作るスコーンの2種類!おやつができはじめる頃には草木染のほうも染めあがり始め、順番に引き上げ水で洗う作業へ。液から出し、ゴムをはずすと模様が見える!水で洗い広げ見ると!!??思っていた5倍以上の出来に興奮、感動!!
 完成した手ぬぐいを干し、おやつを食べながら、作り方を教えてくれたFさんにみんなで「ありがとうございまーす!!」これで今日の草木染めは終了~と、思いきや!? 急遽仕込んだ手品をルパン三世のテーマに合わせて披露するS君(中2)、そしてまた遊び始める子どもたち、、今回の草木染めは大成功で幕を閉じました。
 今回の草木染めは子どもたちはもとより大人も夢中になれたように感じます。日々の忙しいなか、ちょっとしたプチ自然を味わえ、ほっとする空間になり始めているM農園を今後もたくさん活用できればと思います。個人的にも“燃えるゴミ”として捨てられていく落ち葉がこんな風に生まれ変わり、リサイクルできることに感動し、楽しめました。残念ながら今回参加できなかった保護者の方や子どもたちも体験してほしいなと思います。第2回草木染めワークショップ!ぜひ開催したいと思います。